2020.11.20

【メディア掲載】北越MF加藤雅久が国士舘大進学、将来のプロ入り目指し1日5食で体力アップ

部活を引退した今も週5回の筋トレと、1日5食の食事で体力アップを図っている

今回、アスレシピさんに当所属選手3年加藤雅久が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、アスレシピさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

昨夏の全国高校総体(インターハイ)のサッカーでベスト8に進出し、優秀選手に選出された北越(新潟)の主将、MF加藤雅久(がく・3年)が来春、関東大学リーグ1部の強豪、国士舘大へ進学する。確かな足元の技術、戦術眼を持つボランチはハイレベルな環境で実力を磨き、4年後のプロ入りを目指す。
加藤は大きな志を胸に飛躍を誓った。「不安よりワクワクが大きいです。まずは日本一を大学で達成したい」。豊富な運動量と巧みなパスワークを武器に1年生から北越の中盤を支えた。最後の選手権県予選は、準決勝(3日)で帝京長岡にPK負け。この悔しさをモチベーションに変え、全日本大学選手権、総理大臣杯の大学タイトルを獲得し、全国制覇を目指す。

国士舘大は関東大学リーグ戦1部リーグで優勝9度を誇る名門。今季は後期16節終了時(7日現在)で5位。加藤は9月の練習会に参加した。トップチームとの紅白戦に出場し、プレーや判断のスピード、ボディーコンタクトの激しさなどを肌で感じた。「全てにおいてレベルアップしないと」。部活を引退した今も週5回の筋トレと、1日5食の食事で体力アップを図っている。体脂肪率7%をキープしながら進学に備え、当たり負けしない体作りを進めている。
強豪・青森山田を破り8強入りした昨夏のインターハイでは優秀選手に輝いた。「自信の1つになったし、よりプロを意識した出来事」。北越からプロ入りしたFW有田光希(29=J2愛媛)やDF佐藤喜生(23=J2北九州)らの背中を追う。「小さいころからの夢はブレずにプロ選手。将来は海外で活躍したい」。荒瀬陽介監督(31)も、「4年間かけてじっくり成長できる環境。真面目で努力家だし、たくさんの可能性を秘めている選手」とエールを送る。

普段からボールを奪いに行くタイミングや技術を、海外選手の映像を参考に学んでいる。これからも後輩たちの練習に参加し、大学入学の直前まで実力アップに励む。「練習意識の強度も上げている。進学するまでの5カ月をどう過ごすかが大事。守備の楽しさがアップしてきた」と言う。 新天地での活躍は常にイメージしている。「本職はボランチだが、やれと言われればどこでもやる。早い段階で試合に出て、プロから注目されるようにアピールしたい」。名門で成長することをノルマにした。

(取材・文 小林忠様)

全国高校サッカー選手権新潟県大会においては、惜しくも優勝した帝京長岡高校に準決勝でPK負けをしてしまいました。

しかし、下を向くことなく次のステージを見据えて後輩たちと汗を流す姿は流石です。

今後の加藤雅久の活躍を応援していっていただければと思っております。

また、11月21日(土)高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ2020北信越の順位決定戦を丸岡スポーツランド人工芝グラウンド(南)で全国高校サッカー選手権への出場を決めた富山県代表富山第一高校と戦ってまいります。

応援宜しくお願い致します。

観戦に関してはこちらをご覧ください
2020.10.26

【メディア掲載】北越が延長3発で8強 途中出場の阿部が勝ち越し弾

『絶対に流れを変えてやろう』という気持ちで入った

今回、日刊スポーツさんに先日の全国高校サッカー選手権大会-新潟県大会-4回戦の記事を掲載していただいてのでご紹介させていただきます。

以下、日刊スポーツさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

<全国高校サッカー新潟大会:北越4-1東京学館新潟>◇4回戦◇25日◇新潟市鳥屋野球技場

8強が出そろった。北越は延長にもつれ込む激戦を東京学館新潟と演じながらも、4-1で押し切った。1-1の延長前半6分、延長から途中出場したFW阿部峻伍(3年)が勝ち越しゴールを決め、試合の流れを引き寄せた。新潟工は敬和学園に1-0で勝利。前半10分のMF長谷川雄生(2年)の先制ゴールが決勝点になった。準々決勝は31日に行われる。
じりじりとした試合展開が続き、1-1の同点で迎えた延長前半6分だった。延長前半5分からピッチに入った阿部がチームの雰囲気をガラリと変えた。途中出場からわずか1分ほど。右サイドバックからアーリークロス気味に上がったボールをトラップ。やや後方に転がるボールをギリギリのところで修正した。相手GKが正面にいたが、冷静に右足でゴールへ流し込んだ。

ほぼファーストプレーでの得点。ゴールを決めると、両手を広げて持ち前のひょうきんキャラ全開で踊ってみせる。満面の笑みで“らしさ”を全開にアピール。均衡を破った得点というだけでない。重苦しかった空気を振り払った。チーム全体に笑顔が戻り、ペースを取り戻した。延長後半には2得点を加え、東京学館新潟を突き放した。
荒瀬監督から「全員の雰囲気を変えてこい!」と送り出されていた。「点を取れる気しかしなかった」と阿部。「『絶対に流れを変えてやろう』という気持ちで入った。1発目で(雰囲気を)変えることができてうれしかった」と監督の期待に見事に応えた。3年間、積み上げてきた練習や公式戦での成果から自信がみなぎっていた。今大会は初戦3回戦の上越戦(3○0)でのフル出場を含め2試合出場し、初ゴールだった。

「空中戦では負けない!」と話す阿部はジャンプ力を生かしたヘディングが武器。31日の準々決勝は新潟工との対戦が決まった。「準々決勝からは難しい試合になると思うが、フル出場でも途中出場でも点を取って勝利に導きたい」と力を込めた。

(取材・文 飯嶋聡美様)

準々決勝は新潟工業高校と10/31(土)に対戦が決まりました。

この試合も観戦自粛の為、現地での応援は出来ませんがチーム全体で戦ってきますので応援宜しくお願い致します。

結果はホームページにてご報告させていただきます。
2020.10.08

【メディア掲載】Tenyテレビ新潟さんの「全国高校サッカー選手権大会新潟県大会ページ内BEST32チーム紹介」に取り上げていただいています。

BEST32チーム紹介

現在、Tenyテレビ新潟さんのホームページ内の特設ページ「第99回全国高校サッカー選手権大会-新潟県大会-」にベスト32へ進出した高校の紹介動画が掲載されております。
各高校の意気込みなどチームカラーが出ている動画です。

是非、チェックしてみて下さい!!

Tenyテレビ新潟『第99回全国高校サッカー選手権大会-新潟県大会-』ページ>>>

各高校『BEST32チーム紹介』動画ページはこちらから>>>
北越高校の初戦は10月17日(土)9:30より刈羽ぴあパークサッカー場(B)にて「上越高校」と初戦を迎えます。

上越高校さんは2016年に創部され元Jリーガーの藤川監督を招聘し強化をはじめているチームで創部4年で新潟県のトップリーグ(N1)まで史上最速で昇格してきたチームです。

今期のN1リーグでは北越高校2ndが3-1で勝利を収めてはいますが、決して簡単な相手ではないと思っています。

3回戦までの間にトップチームは公式戦プリンスリーグ「新潟明訓高校」戦がありますのでしっかりと準備をしていきたいと思います。

応援宜しくお願い致します。
2020.09.25

【メディア掲載】キープ力や一発が魅力。北越期待の1年生FW小林謙心「試合を決めれる、頼られるような選手になりたい」

「試合を決めれる、チームにいて頼られるような選手になりたいです」

今回、ゲキサカさんに当所属選手1年小林謙心が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、ゲキサカさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G] 

北越高(新潟)の1年生FW小林謙心は13日、プリンスリーグ北信越初戦となった松本U-18戦で公式戦デビュー。特に後半は一発のあるところを示し、最後まで走り切るなど今後に期待を抱かせるような初戦だった。

「最初は結構緊張していて手こずりましたけれど、やっていくうちにアドレナリンも出て、慣れていって試合に入れました」と小林。強雨の中での試合となり、特に後半は相手にボールを支配される難しい展開だった。

それでも、「どこかでカウンター一発とかで決めてやろうという気持ちでいたんですけれども」という小林は、前線での競り合いや守備で奮闘。そして、後半には縦へ仕掛けてからの左足シュートやパンチのある右足シュートを撃ち込んだ。

「シュートは打とうと決めたら迷いなく。左も練習しているので、右には劣るけれども左も打てるつもりです。シュートまでは行くけれど、決めきれないとダメですね」。課題と感じている決定力を高めて、次は結果も残す。
身長178cmの長身アタッカーはキープ力を活かしたドリブルやスルーパス、コンビネーションからのシュートなどを得意とする。グランセナジュニアユースから県内外の強豪校やJクラブユースからの誘いを受けたが、「中学校の時、アルビとか(帝京長岡系列の)長岡JYとかライバルで北越入って倒したいと思って」昨年度インターハイ全国8強の北越へ進学した。

その1年生FWに対し、北越の荒瀬陽介監督は「(良さは)1年生なんですけれどもとにかくボール奪われないところ。そして、しっかり相手見て判断してくれる。スピードもあるのでかわしたり、抜けてくれますし、プリンスでも十分通用していたので楽しみ」と期待を寄せる。

先輩エースFW安藤颯士(3年)やFWネイマールが憧れの選手。「試合を決めれる、チームにいて頼られるような選手になりたいです」という1年生FWが今年、北越にとって11年ぶりとなる選手権出場への力になる。
 
(取材・文 吉田太郎様)

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で試合日程に変更などが多く、選手達自身もコンディションを試合に向けて上げていくことの難しさ、パフォーマンスの向上にとても困難を強いられていますが、残りの公式戦万全の準備を行い挑んで参ります。

無観客試合などの対応も出てきておりますが、応援宜しくお願い致します。
2020.09.24

【メディア掲載】昨夏インハイ優秀選手の北越MF加藤主将、目標はチームの全国制覇と「また優秀選手に入れるように」

「また上を目指していけるように頑張っていきたい」

今回、ゲキサカさんに当所属選手3年加藤雅久が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、ゲキサカさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G] 

昨夏全国8強の北越高は10月17日の新潟県予選3回戦から選手権への出場権を懸けた戦いをスタートする。主将のMF加藤雅久(3年)は初戦の対戦相手が上越高に決まったことについて、「ボク、出身が上越で結構知り合いもいるんですけれども……(苦笑)、気にせず、初戦大事なので勝って勢いをつけたい」と力を込めた。

昨年は準決勝で帝京長岡高に0-4で敗戦。後半に巻き返したが、前半の連続失点が響く結果となった。お互いに勝ち上がれば、今年も帝京長岡高と対戦する組み合わせ。それだけに主将は「(お互いに勝ち上がれば)同じ会場で帝京とやることになると思う。去年の借りを返したい」と意気込んでいる。
加藤は昨夏のインターハイ全国8強メンバー。ボールを落ち着かせることができ、守備での頑張りも利くボランチは大会優秀選手に選出された。チームリーダーとなった今年は「(個人として)チームをまとめたり、試合の流れというのを重視して、そこで自分が引っ張ってやるというのは変わったと思います」。怪我明けでまだまだベストコンディションではなく、13日の松本U-18戦は雨中で「(今)できることを探して」守備で奮闘。これから攻撃面もより貢献していく考えだ。

「今年(全国大会)は選手権しかないので、全国出て、優勝狙って、ボク個人としてはまた優秀選手に入れるように、また上を目指していけるように頑張っていきたい」。背中でチームを牽引し、チーム、そして個人の目標も達成する。
 
(取材・文 吉田太郎様)

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で試合日程に変更などが多く、選手達自身もコンディションを試合に向けて上げていくことの難しさ、パフォーマンスの向上にとても困難を強いられていますが、残りの公式戦万全の準備を行い挑んで参ります。

無観客試合などの対応も出てきておりますが、応援宜しくお願い致します。
2020.09.23

【メディア掲載】北越FW安藤颯士(3年)FW転向の新エース。新チーム公式戦初戦で決勝点

「去年はインハイベスト8で終わったので、日本一を目指しています」

今回、ゲキサカさんに当所属選手3年安藤颯士が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、ゲキサカさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G] 

新エースが新チームの公式戦初陣で決勝点を叩き出した。前半15分、北越高はMF長澤輝(3年)のFKのこぼれ球に反応したFW安藤颯士(3年)が右足ダイレクトでシュート。「感覚的に落ちてきそうだなと思って、そこはリラックスしてフカさないように抑えることを意識して」放った一撃が、松本U-18の注目GK神田渉馬(3年)を破った。

チームにとってのファーストチャンスで見事に仕留めた10番は、「公式戦が初めてということでチーム自体が緊張していたと思うので、そこでファーストチャンスを決めれたのは良かったと思います」と笑顔。後半のビッグチャンスを決め切れなかったため、満足はしていない。それでも、ファインゴールでの決勝点によって、北越に今季初白星をもたらした。
安藤は昨年のインターハイベスト8経験者。昨年は2列目からの鋭いドリブル、抜け出しが印象的だったが、今年は最前線に構える。「自分は(背負って)足元というよりは裏抜けの方が得意。スピードは結構自信があるので、自陣でキツくなったボールでも蹴ってくれれば追うので」。DFを背負ってのプレーはまだ課題が多いが、クリアボールでも相手が隙を見せればチャンスに変えてしまうほどのスピード。その安藤は守備での貢献度が高い。

この日、安藤をマン・オブ・ザ・マッチに指名した荒瀬陽介監督は「今年は彼が点獲るかどうかのチームという中で今日しっかりファーストチャンスを決めてくれました。守備での貢献も大きいので、そういうところでも中心としてやってくれている」と評価。エースはプレー、チームメートを鼓舞する部分でも役割を果たす意気込みだ。

「責任を感じる部分もあるんですけれども、1試合で必ず1点決めるような気持ちでやりたいと思います。(昨年から)ポジションが変わったというのもあるんですけれども、ゴールが近くなったので、ゴールは常に意識しています。去年は(エースストライカーの庄内)碧に付いて行く感じだったんですけれども、スタイル的に違うので、プレーだけでなく鼓舞してやりたいと思っています」

試合前はFWロベルト・フィルミーノ(マンチェスター・シティ)の動画をチェック。動きを参考にして、よりチームに貢献することを目指している。「去年はインハイベスト8で終わったので、日本一を目指しています」という安藤がゴール、それ以外の部分でも活躍を続け、今年は冬に北越を躍進させる。
 
(取材・文 吉田太郎様)

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で試合日程に変更などが多く、選手達自身もコンディションを試合に向けて上げていくことの難しさ、パフォーマンスの向上にとても困難を強いられていますが、残りの公式戦万全の準備を行い挑んで参ります。

無観客試合などの対応も出てきておりますが、応援宜しくお願い致します。
2020.09.22

【メディア掲載】昨年名を上げた北越GK平山颯太。「今年は一切関係ない」の姿勢で努力続け、初戦を無失点勝利

「初心にかえってというか、新しい自分を出して行ければ良いなと思って頑張ってきました」

今回、ゲキサカさんに当所属選手3年平山颯太が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、ゲキサカさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G] 

激しい雨と相手の猛攻。「キツイと思ったんですけれども、そこはもう気合というか、苦しいですけれども、『頑張るぞ』みたいな感じで頑張りました」。北越高の注目GK平山颯太(3年)が今季公式戦初戦で無失点勝利を飾った。

昨年、ハイボールの強さを示すなど活躍。インターハイ3回戦で青森山田高を封じて注目度を高めた。その平山は雨の中でキャッチするところとパンチングするところを判断良く使い分けながらの守備。安定したプレーを続けると、後半23分には至近距離からのシュートに反応してチームを救った。

「最初の公式戦で無失点試合をやりたいと試合前からずっと思っていて、1-0で勝てたので凄く嬉しかったです」

1試合で幾度かあるピンチで止める北信越屈指の守護神。荒瀬陽介監督も「(彼の存在は)大きいですね。平山が安定しているので彼中心にある程度はしっかりと守れるのかなと思います」と信頼を寄せている。
この日はDF陣の奮闘もあっての完封勝利でもあった。「自分は甘い言葉よりも厳しい言葉で後ろから『やるぞ、やるぞ』という感じで締めたんですけれども、それを全員聞いてくれていて、必死にゴール前で身体を張ってくれていた。ゴール前とか積極的に身体に当ててCKとかそういうシーンがいっぱいあったので、実際自分が止めるシーンはそんなに。DF陣には感謝しています」。自分の好セーブよりも、DFの頑張りを讃えていた。

昨年、青森山田高からの勝利やインターハイ優秀選手に選出されたことで名を上げたが、それを引きずらずに新たな気持ちでシーズン開幕を迎えている。「去年の結果なので今年は一切関係ないと思ったので。初心にかえってというか、新しい自分を出して行ければ良いなと思って頑張ってきました」。長所のハイボール対応を伸ばしつつ、不足を感じていたシュートストップの部分での成長も貪欲に目指してきた。今年は今年。GKヤン・オブラクのようにシュートを止めて、信頼されるGKとなって、チームに白星をもたらす。

この日は松本トップチームに2種登録されているGK神田渉馬(3年)との注目GK対決だったが、普段から相手GKのことはあまり気にしていないのだという。「相手どうこうよりも、自分が一番良いプレーができれば良いと思っているので」。まずは自分がゴールを守ることに集中。そして、無失点を続けてプリンスリーグ、選手権で白星を重ねる。

 
(取材・文 吉田太郎様)

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で試合日程に変更などが多く、選手達自身もコンディションを試合に向けて上げていくことの難しさ、パフォーマンスの向上にとても困難を強いられていますが、残りの公式戦万全の準備を行い挑んで参ります。

無観客試合などの対応も出てきておりますが、応援宜しくお願い致します。
2020.05.29

【メディア掲載】ギラヴァンツ北九州所属OB「佐藤喜生」

チームの起爆剤に!!

OBの佐藤喜生選手が日刊スポーツに紹介していただいていました。
全国的には無名に近かった佐藤選手は高校時代は県選抜には選ばれていたが、北越高校としての実績は県ベスト4が最高成績。ポテンシャルは高校時代から秘めていたものはあったが、大学時代には相当な努力をしそのポテンシャルが開花した。早くプロのピッチで見たいです。

ギラヴァンツ北九州
福岡県北九州市をホームタウンとする。
1947年に創部された三菱化成黒崎サッカー部が前身となり、2010年に福岡県ではアビスパ福岡に次いで2番目のJリーグ加盟クラブとなった。クラブ名称の「ギラヴァンツ」(Giravanz)はイタリア語で『ひまわり』(北九州市の市花)を意味する "Girasole" と『前進する』という意味の "Avanzare" を組合せたチーム名。
2020年シーズンはJ2での戦いが始まっている。地元アルビレックス新潟との試合も是非注目してみてみたい。

佐藤喜生(平成28年卒)
1997年(平成9)11月6日生まれ 新潟市出身
グランセナ新潟FCから北越高校へ進学し、高校2年時にU-17新潟選抜として「第18回国際ユースサッカーin新潟」に出場。初戦のメキシコU-17戦で1得点を挙げるなど優勝に貢献。
北越高校卒業後は現関東大学1部リーグの桐蔭横浜大学へ進学。4年時には関東大学1部リーグ準優勝、第68回全日本大学選手権大会準優勝。184cm・74kg・背番号29
2020.05.27

【メディア掲載】怪我が事前に予防でき、体調の「自己管理意識」が向上した

怪我や体調管理をクラウド管理

北越高校サッカー部荒瀬監督と宋トレーナーが「ONE TAP SPORTS(HP)」様の記事に『北越高校サッカー部の事例』として掲載されておりますのでご紹介致します。

-----------------------------------------------------------
怪我が事前に予防でき、体調の「自己管理意識」が向上した

怪我や体調管理がクラウド管理でき、ラグビー日本代表が導入しているのも決め手に

まずサッカー部の構成について教えてください
選手人数/100名
チームスタッフ構成/監督1名、コーチ2名、GKコーチ1名、トレーナー1名(非常勤)今春からトレーナー3名体制へ拡充予定
ONE TAP SPORTSを導入したきっかけを教えてください

-----------------------------------------------------------引用(ONE TAP SPORTS)

詳しい記事の内容はこちらからご覧ください>>>
2020.05.05

【メディア掲載】指導者たちに訊いたコロナ禍の部活

【高校サッカー】指導者たちに訊いたコロナ禍の部活

北越高校サッカー部の記事が「サッカーダイジェストWeb版」に掲載されておりましたのでご紹介します。

------------------------------------------------------------

【高校サッカー】指導者たちに訊いたコロナ禍の部活。進路選択に影響、トレーニングはオンラインや独自発想で

4月26日に史上初のインターハイ中止が発表され、大きな衝撃が走った高校スポーツ界。サッカー界においてもインターハイの中止の他、高円宮杯プレミアリーグ、プリンスリーグ、都道府県リーグの開催も延期続きで選手権予選への影響が懸念され、先行き不透明で非常に難しい状況にある。

------------------------------------------------------------引用(サッカーダイジェストWeb)

詳しい記事内容はこちらからご覧下さい>>>