2021.09.28

【メディア掲載】北越の1年生CB高橋泰輝は双子の兄・航輝と切磋琢磨しつつ、強い意志でチームを牽引していく

『1年生だから』という意識はとっくに捨てた。

今回、ゲキサカさんに当所属選手1年高橋泰輝が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、ゲキサカさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

今は自分がチームを牽引していってやるという、確かな意志を抱えてピッチに立っている。

「自分がこのチームを引っ張っていくという意識でやれば、自分も上手くなっていけるし、レベルが高くなっていけると思ったので、最近はそういう意識で試合も練習も頑張っています」。
北越高に現れたニューカマーのセンターバック。
DF高橋泰輝(1年=グランセナ新潟FCジュニアユース出身)の活躍は、チームに小さくない刺激をもたらしている。

180センチ、70キロという恵まれた体格はもちろんだが、最終ラインで堂々と振る舞う雰囲気を見ただけで、1年生と気付く人はほとんどいないのではないだろうか。
この日のアルビレックス新潟U-18(新潟)戦でも、立ち上がりから縦関係になっていた相手の中央のアタッカーへ、センターバックでパートナーを組むDF三浦伸之介(3年)とともに的確な対応を繰り返す。
「相手は2トップ気味で1人が後ろに落ちる形で、そこをハメた時にはセンターバックが1人チャレンジすることを考えていて、前半の立ち上がりの方はそういうことがあまりできなかったんですけど、前半の終盤とか後半は修正して、ハメられるようになりましたし、裏のケアもみんなで声を掛けながらしていたので、守備は結構うまくできたかなと思います」。
新潟U-18の強力アタッカー陣を、周囲との連携で無失点に抑え込む。

高さを生かしたヘディングも、大きな武器だ。
「小学校の頃からセンターバックをやっていて、ボールの落下地点も他の人よりは読めると思いますし、セットプレーの時でもマークを外して、ボールの落下点に入ってヘディングする形で、結構中学校の頃から点は獲れていたので、高校でも点を獲りたいです」。
そのチャンスは、この試合でも実際に訪れていた。

前半12分。
セットプレーで上がっていた高橋に、右からキャプテンのMF五十嵐暉(3年)がピンポイントクロスを届けてくれる。
だが、頭で叩いたボールは枠外へ。
「理想通りのボールが来たんですけど、ヘディングで強く行き過ぎちゃいましたし、気持ちが入り過ぎました(笑)。自分的にはファーに決めるつもりだったのに、良いところに当たり過ぎてボーンと行っちゃいました」。
リーグ戦初ゴールは次戦以降にお預けとなった。

プリンスリーグの序盤戦は左サイドバックで起用されていたが、夏前から本職のセンターバックで試合に出ることが増えてきた。
このポジションの変化が、自分の意識にも大きな影響をもたらしたという。

「左サイドバックで出ていた時は、他の人が引っ張ってくれるみたいな感じで思いながらやっていたので、良いプレーが出せなかったんです。でも、センターバックになってからは、守備も自分が引っ張って、攻撃でもセットプレーから自分が点を決めて、チームを勝たせたいと思うようになりました」。
レギュラーとしての自覚も十分。
「もともと上下関係とかあまり気にしていなくて、みんなには気にしろって言われるんですけど(笑)」と明かすメンタルで、先輩たちにも大きな声で指示を飛ばす姿が印象的だ。

新潟U-18戦でスタメン出場していたFW高橋航輝(1年)は、双子の兄。
小さい頃から一緒にボールを追い掛けてきた。
「ずっと一緒にサッカーをやっているので、どういうプレーをしたいかとか、どういう特徴があるかも一番わかっていますし、あっちも自分が狙っている場所とか走ってほしいところがわかっているので、やりやすいです。ケンカや言い合いとかは多くて、サッカーのことでも『ああしろ』『こうしろ』みたいなことは言い合っています。たぶん仲は悪いけど、本当は仲が良いみたいな感じですね(笑)」。

チームを率いる荒瀬陽介監督も「今日も2人はピッチでケンカしていましたけど(笑)、ああいうところで1年生でも物怖じせずにやれるので、楽しみな選手ですね」と笑顔。
兄弟であり、ライバル。ポジションこそ違えども、お互いに負けたくないという気持ちは、チームにさらなるパワーを生み出しているようだ。

いよいよ初めて挑む高校選手権予選が迫っている。
中学生だった自分に声を掛けてくれたこのチームで、新潟の頂点に立ちたい気持ちが強くないはずがない。
「自分がチームを引っ張っていけるように、最終ラインでは一番声を出したいですし、攻撃ではフォワードや中盤に良いパスを出して、攻撃の起点になれたらいいなと思いますし、セットプレーでは自分が点を獲って、勝利に導けるように頑張りたいです」。

北越から全国へ。確かな存在感を放つ1年生センターバック。
高橋泰輝の“今”から目が離せない。

(取材・文 土屋雅史様)