2020.11.20

【メディア掲載】北越MF加藤雅久が国士舘大進学、将来のプロ入り目指し1日5食で体力アップ

部活を引退した今も週5回の筋トレと、1日5食の食事で体力アップを図っている

今回、アスレシピさんに当所属選手3年加藤雅久が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、アスレシピさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

昨夏の全国高校総体(インターハイ)のサッカーでベスト8に進出し、優秀選手に選出された北越(新潟)の主将、MF加藤雅久(がく・3年)が来春、関東大学リーグ1部の強豪、国士舘大へ進学する。確かな足元の技術、戦術眼を持つボランチはハイレベルな環境で実力を磨き、4年後のプロ入りを目指す。
加藤は大きな志を胸に飛躍を誓った。「不安よりワクワクが大きいです。まずは日本一を大学で達成したい」。豊富な運動量と巧みなパスワークを武器に1年生から北越の中盤を支えた。最後の選手権県予選は、準決勝(3日)で帝京長岡にPK負け。この悔しさをモチベーションに変え、全日本大学選手権、総理大臣杯の大学タイトルを獲得し、全国制覇を目指す。

国士舘大は関東大学リーグ戦1部リーグで優勝9度を誇る名門。今季は後期16節終了時(7日現在)で5位。加藤は9月の練習会に参加した。トップチームとの紅白戦に出場し、プレーや判断のスピード、ボディーコンタクトの激しさなどを肌で感じた。「全てにおいてレベルアップしないと」。部活を引退した今も週5回の筋トレと、1日5食の食事で体力アップを図っている。体脂肪率7%をキープしながら進学に備え、当たり負けしない体作りを進めている。
強豪・青森山田を破り8強入りした昨夏のインターハイでは優秀選手に輝いた。「自信の1つになったし、よりプロを意識した出来事」。北越からプロ入りしたFW有田光希(29=J2愛媛)やDF佐藤喜生(23=J2北九州)らの背中を追う。「小さいころからの夢はブレずにプロ選手。将来は海外で活躍したい」。荒瀬陽介監督(31)も、「4年間かけてじっくり成長できる環境。真面目で努力家だし、たくさんの可能性を秘めている選手」とエールを送る。

普段からボールを奪いに行くタイミングや技術を、海外選手の映像を参考に学んでいる。これからも後輩たちの練習に参加し、大学入学の直前まで実力アップに励む。「練習意識の強度も上げている。進学するまでの5カ月をどう過ごすかが大事。守備の楽しさがアップしてきた」と言う。 新天地での活躍は常にイメージしている。「本職はボランチだが、やれと言われればどこでもやる。早い段階で試合に出て、プロから注目されるようにアピールしたい」。名門で成長することをノルマにした。

(取材・文 小林忠様)

全国高校サッカー選手権新潟県大会においては、惜しくも優勝した帝京長岡高校に準決勝でPK負けをしてしまいました。

しかし、下を向くことなく次のステージを見据えて後輩たちと汗を流す姿は流石です。

今後の加藤雅久の活躍を応援していっていただければと思っております。

また、11月21日(土)高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ2020北信越の順位決定戦を丸岡スポーツランド人工芝グラウンド(南)で全国高校サッカー選手権への出場を決めた富山県代表富山第一高校と戦ってまいります。

応援宜しくお願い致します。

観戦に関してはこちらをご覧ください