2020.09.25

【メディア掲載】キープ力や一発が魅力。北越期待の1年生FW小林謙心「試合を決めれる、頼られるような選手になりたい」

「試合を決めれる、チームにいて頼られるような選手になりたいです」

今回、ゲキサカさんに当所属選手1年小林謙心が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、ゲキサカさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G] 

北越高(新潟)の1年生FW小林謙心は13日、プリンスリーグ北信越初戦となった松本U-18戦で公式戦デビュー。特に後半は一発のあるところを示し、最後まで走り切るなど今後に期待を抱かせるような初戦だった。

「最初は結構緊張していて手こずりましたけれど、やっていくうちにアドレナリンも出て、慣れていって試合に入れました」と小林。強雨の中での試合となり、特に後半は相手にボールを支配される難しい展開だった。

それでも、「どこかでカウンター一発とかで決めてやろうという気持ちでいたんですけれども」という小林は、前線での競り合いや守備で奮闘。そして、後半には縦へ仕掛けてからの左足シュートやパンチのある右足シュートを撃ち込んだ。

「シュートは打とうと決めたら迷いなく。左も練習しているので、右には劣るけれども左も打てるつもりです。シュートまでは行くけれど、決めきれないとダメですね」。課題と感じている決定力を高めて、次は結果も残す。
身長178cmの長身アタッカーはキープ力を活かしたドリブルやスルーパス、コンビネーションからのシュートなどを得意とする。グランセナジュニアユースから県内外の強豪校やJクラブユースからの誘いを受けたが、「中学校の時、アルビとか(帝京長岡系列の)長岡JYとかライバルで北越入って倒したいと思って」昨年度インターハイ全国8強の北越へ進学した。

その1年生FWに対し、北越の荒瀬陽介監督は「(良さは)1年生なんですけれどもとにかくボール奪われないところ。そして、しっかり相手見て判断してくれる。スピードもあるのでかわしたり、抜けてくれますし、プリンスでも十分通用していたので楽しみ」と期待を寄せる。

先輩エースFW安藤颯士(3年)やFWネイマールが憧れの選手。「試合を決めれる、チームにいて頼られるような選手になりたいです」という1年生FWが今年、北越にとって11年ぶりとなる選手権出場への力になる。
 
(取材・文 吉田太郎様)

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で試合日程に変更などが多く、選手達自身もコンディションを試合に向けて上げていくことの難しさ、パフォーマンスの向上にとても困難を強いられていますが、残りの公式戦万全の準備を行い挑んで参ります。

無観客試合などの対応も出てきておりますが、応援宜しくお願い致します。