2020.09.24

【メディア掲載】昨夏インハイ優秀選手の北越MF加藤主将、目標はチームの全国制覇と「また優秀選手に入れるように」

「また上を目指していけるように頑張っていきたい」

今回、ゲキサカさんに当所属選手3年加藤雅久が記事に取り上げていただいておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、ゲキサカさん記事引用しております。本記事はこちらから>>>

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G] 

昨夏全国8強の北越高は10月17日の新潟県予選3回戦から選手権への出場権を懸けた戦いをスタートする。主将のMF加藤雅久(3年)は初戦の対戦相手が上越高に決まったことについて、「ボク、出身が上越で結構知り合いもいるんですけれども……(苦笑)、気にせず、初戦大事なので勝って勢いをつけたい」と力を込めた。

昨年は準決勝で帝京長岡高に0-4で敗戦。後半に巻き返したが、前半の連続失点が響く結果となった。お互いに勝ち上がれば、今年も帝京長岡高と対戦する組み合わせ。それだけに主将は「(お互いに勝ち上がれば)同じ会場で帝京とやることになると思う。去年の借りを返したい」と意気込んでいる。
加藤は昨夏のインターハイ全国8強メンバー。ボールを落ち着かせることができ、守備での頑張りも利くボランチは大会優秀選手に選出された。チームリーダーとなった今年は「(個人として)チームをまとめたり、試合の流れというのを重視して、そこで自分が引っ張ってやるというのは変わったと思います」。怪我明けでまだまだベストコンディションではなく、13日の松本U-18戦は雨中で「(今)できることを探して」守備で奮闘。これから攻撃面もより貢献していく考えだ。

「今年(全国大会)は選手権しかないので、全国出て、優勝狙って、ボク個人としてはまた優秀選手に入れるように、また上を目指していけるように頑張っていきたい」。背中でチームを牽引し、チーム、そして個人の目標も達成する。
 
(取材・文 吉田太郎様)

今シーズンは新型コロナウイルスの影響で試合日程に変更などが多く、選手達自身もコンディションを試合に向けて上げていくことの難しさ、パフォーマンスの向上にとても困難を強いられていますが、残りの公式戦万全の準備を行い挑んで参ります。

無観客試合などの対応も出てきておりますが、応援宜しくお願い致します。